【画像の透過】Canvaで背景を透明にする方法を解説

 

画像の編集を行う際、背景透過ができるとデザインの幅が広がって便利です。

インターネット上で利用可能な画像編集ツールはたくさんの種類がありますが、編集項目ごとに複数のツールを使いまわす必要があり、不便な部分もありますよね。

先日実装されたCanvaの「Background Remover」なら、わずかワンタップで画像の背景透過ができるようになります。

 

こんな画像もCanvaだけでサクサク作成しました。

 

もちろん、影は素材を組み合わせて再現しています。創作意欲が湧いてきませんか?

 

というわけで今回は、Canvaだけを利用して画像を背景透過する方法をご紹介します。

Canvaで画像を背景透過するには、Background Removerという有料プラン向けの機能が必要です。この記事を読んだあと、30日間のトライアル期間を利用してお試ししてみてくださいね。

 

\ワンクリックでサクッと白抜き!/
Canva Proで背景透過 ☞

 

Canvaで人物切り抜きができる?背景透過の方法をサクッと解説

Canvaの背景透過は、以下の方法で行います。

  1. まずはCanvaにアクセス
  2. ワークスペースを作成し、背景透過したい画像をアップロード
  3. 画像を選択して、<エフェクト>をクリック
  4. <Background Remover>をクリック
  5. 透過完了!

これだけ。楽!!

文だけではよくわからんという方も安心してください。

これから手順を一つずつ解説していきますね。

1. まずはCanvaにアクセス

まずはCanvaにアクセスしましょう。

これも手順としてカウントしますので、実際やる作業は4つだけです。楽!!

2. ワークスペースを作成し、背景透過したい画像をアップロード

背景透過したい画像を用意します。

今回はプロゲーマーっぽい男の子の画像をアップロードしました。

3. 画像を選択して、<エフェクト>をクリック

 

左上に「エフェクト」があるので、それを選択しましょう。

4. <Background Remover>をクリック

 

Background Removerが見つからなければ、エフェクトの検索タブから見つけることができます。

5. 透過完了!

 

以上で背景透過完了です。

背景の色も相まって、悲壮感溢れる微妙な顔の画像になりました。

彼は何を思っているのでしょうか?

 

\30日間の無料トライアル/
Canva Proで背景透過 ☞

おまけ:ちょちょっと編集

せっかくなので、広告バナーを作ってみました。

きっと彼はコールセンターでの業務に疲れているのでしょう。

背景透過した画像をよく見ると、男の子の後ろ部分に白い影が入っていることがわかります。

こちらもCanvaの機能を使って設定可能です。

詳しい操作方法についてはこちらの記事で解説しています。

 

背景透過にCanvaをおすすめする理由

Canvaは背景透過だけでなく、様々なシーンで活躍します。

これまでAdobe製品が高額で手出しできなかった方や、機能がありすぎて使いこなせなかった方でも安心して利用できるツールがCanvaです。

 

  1. 素材用意から画像加工、画像アップロードまで一気通貫で可能
  2. テンプレートが優秀で便利
  3. 過去に作成した画像データはクラウドで保存できる
  4. 画像素材もクラウドで保存できる

それぞれ解説していきますね。

1. Canvaなら素材用意から編集まで1つのツールで完結できる

これまで画像加工に複数のツールを使いまわしていた方でも、Canvaならその全てを統一できます。

まずは以下の画像を見てください。

Canva無料版でアイキャッチ作成する流れ

多くの方は画像を編集するのに、それぞれの分野で有名なサービスやツールを利用しています。

  1. Pixabayで画像を取得・保存する
  2. 背景透過ツールの remove.bg で画像加工
  3. CanvaやPhotoShopを利用して文字入れ、画像編集
  4. 作成した画像をGoogleDriveやDropBoxで保存

 

画像編集それぞれの工程毎に、複数のサービスを使い分ける必要があり、手間がかっています。

僕もそうでした。

 

Canvaの有料プランなら、「画像編集に関わるツール群を全て統一し、一気通貫で編集」できるようになります。

普段使いの編集ツールをCanvaに統一した場合のアイキャッチ作成フローも見てみましょう。

 

Canva有料版でアイキャッチ作成する流れ

  1. Canva内でフリー素材獲得、画像加工、画像透過
  2. Canvaのテンプレートに沿ってデザイン
  3. Canva内に全ての画像を保存・保管

 

全ての画像編集工数をCanvaに統一することで、大幅な時間と手間の短縮に成功していることがわかりますね。

2. 複数のサービスに支払っていた固定費を削減できる

有料画像を購入していた方や、Adobe Stockなどに契約していた方であれば、Canvaの有料プランに登録することで月の固定費も大幅に削減することができます。

 

Canvaに統一することで削減できる固定費

 

浮いたお金でちょっぴり豪華なランチしてもいいでしょう。僕はさっきカルビ定食食べました。

 

3. テンプレートが非常に優秀で、デザイナー要らず

Canvaには多数のテンプレートがも用意されていて、デザインに自信がない方でも気軽にクリエイティブ作成できます。

 

こんなポスターデザインはもちろん・・・

 

おしゃれでかわいいインフォグラフィックまで!

 

もちろん、サムネイルやアイキャッチのテンプレートもあります。

 

文字の縁取りまで完璧にこなせるツールなので、Canvaアカウントを1個持っておくだけで他のツールは要りません。

【2021年最新版】Canvaでテキストを縁取りする方法|袋文字を作る

4. 過去に作成した画像データはクラウドで保存できる

過去に作成した画像データは全てクラウドに保存されます。

紛失しがち&容量かさみがちな画像データをCanva内で管理して、いつでもダウンロードできる点が魅力的です。

 

Canvaで背景透過する方法まとめ

Canvaで背景透過する方法をもう一度まとめると、以下の通りです。

  1. まずはCanvaにアクセス
  2. ワークスペースを作成し、背景透過したい画像をアップロード
  3. 画像を選択して、<エフェクト>をクリック
  4. <Background Remover>をクリック
  5. 透過完了!

簡単で便利なので、背景透過が上手くいかないという方も一度試してみてはいかがでしょうか。

また、Canvaは無料トライアルがあり、ここで紹介しきれなかった加工技術も多数用意しています。

Canvaの機能を使ってみたい!という方はぜひこちらからお試しくださいね。

 

\30日間のトライアル期間/
Canva Proを無料体験 ☞

 

Canvaはまだあまり知られていないアプリですが、機能性は抜群です。

周りに差をつける画像を完成させるためのツールとして、どんどん活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です